脊柱管狭窄症の治療で、漢方を使用されている人も多いです。 病院の薬が体質に合わなくて、副作用が強く現われるという場合は、漢方を使用してみるのもいいかもしれません。 漢方は病院で処方される薬とは違って、副作用が起こる可能性が低いので、安心して飲み続けることができます。 また、痛みの原因を根本的に解決できる可能性もあります。 ただ、即効性がないため、服用したからといってすぐに痛みが解消される訳ではありません。 根気強く飲み続けないと効果が出ないので、途中で止めないようにしましょう。 そして、いくら副作用が出る可能性が低いといっても、ゼロではありません。 用法用量を誤ってしまうと、副作用のリスクが高まってしまうので注意しましょう。 購入する場合は、医師や薬剤師といった専門家に相談してからにしてください。 脊柱管狭窄症の改善に効果的だといわれているのは、以下のような処方です。 ・調栄活絡湯(ちょうえいかつらくとう) ・葛根湯(かっこんとう) ・桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう) ・疎経活血湯(そけいかっけつとう) ・当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう) ・芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう) ・八味丸(はちみがん) これらの薬は冷えをとり、血液の流れを良くすることができるため、痛みやしびれを改善することができます。 1つだけでは無く、複数の漢方を組み合わせることで、相乗効果が生まれる場合もあるでしょう。